悪質サイトのイメージってはっきりしないところもある

11月 29th, 2011

悪質サイトでは、いろいろな問題が起こっています。
もちろん悪質サイトがために起こった場合もありますが、
登録している人に問題があるとう場合もあります。

ネカマなんかも1つの問題です。
しかし、これはサイトの問題より、
個人の問題ということになります。

出会い系サイトでのいろいろな問題が、
すべてサイトの悪質性にあるのでしょうか。
そして悪質サイトとは何を基準に言うのでしょう。

そこのところがあまりはっきりされていません。

やはり会えないサイトは悪質サイトと呼ばれるのでしょうか。
そうなるとどのサイトも悪質担ってしまうことさえ有るのです。
これは男性の個人的問題にもあります。

また、女性に騙された、つまりサクラに騙されたといっても、
それに気付かない男性にも問題があることはどうなるのでしょう。

悪質サイトでも女性の会員がいる場合もあります。
そこには売春専門の女性が登録していたとしても、
サイトには問題があるでしょうか。

また、エッチがすぐできるみたいな広告のサイトを、
選んだ自分には問題はないのでしょうか。
冷静に考えると、こういうサイトに一般女性が、
そう簡単に登録するでしょうか。
それに気づかない問題もあるのではないでしょうか。
このように、簡単に決められない問題がたくさんあり、
すべて利用者の立場から検挙することはないのが現状です。

結局、悪質サイトの定義も何もないのでしょう。

Comments are closed.