脱毛クリニックのメリットとデメリット

今やカミソリや脱毛クリームなどを使って自宅で自分自身で脱毛する人は以前に比べるとかなり少なくなっているようです。
多くは脱毛サロンなどへ通って、きれいでできるだけ肌に負担の少ない状態でムダ毛処理をしているケースが多くみられます。
やはり自分で処理すると、肌のトラブルだけでなく仕上がりなどにも問題が多いですからね。

脱毛クリニックとエステの違い

自分自身で脱毛をしないとなると、その方法は医療脱毛、いわゆる脱毛クリニックかエステサロンや脱毛サロンを利用することになるのが一般的でしょう。
しかし、この2つの違いをしっかり認識している人はさほど多くないようですし、またきちんと知っておかなければ実際に施術を受ける際にトラブルにもなりかねません。
では、脱毛クリニックと脱毛エステとは何がどのように違うのでしょうか。
まず、脱毛クリニックと脱毛エステとの最大の違いは、使用する機器が異なるという点です。
脱毛クリニックで使用するのは医療レーザーです。
これは脱毛クリニックは医療機関であるために常に医師が存在しており、施術中の万が一のトラブルに対して適切な処置が可能なためです。
医療用レーザーは出力が高いために強力な脱毛効果を得ることができるので、本格的な脱毛に向いています。
一方脱毛クリニックではこのような強い機器を使用することはできず、IPL脱毛やプラズマ脱毛といった手段が主流となっています。
このように使用する機器の出力の違いによって処理能力に差が出るために、脱毛クリニックのほうが脱毛エステよりも短期間で施術を終えることができます。

脱毛クリニックはメリットだけじゃない

脱毛クリニックのメリットはほかにもあります。
なんといっても医師が施術をするので安心できるという点は大きなポイントです。
施術の前後にはしっかりと皮膚の状態を判断してもらえます。
また、医療用レーザーを扱えるのは医療者のみなので、トラブルが起こっても適切な対応をしてもらえるという点も安心感があります。
さらに、前述した短期間で施術を終えることが可能というのは1回の施術時間も短くて済むということである上に施術ごとの効果も高いので脱毛を完了するまでの期間も少なくできるのです。
一度に広い範囲の脱毛が可能というのもメリットですし、黒ずみの解消など美肌効果が期待できる点もうれしい点でしょう。
もちろん脱毛エステでも全く問題はありませんが、医療機関なので衛生管が行き届いています。
このように脱毛クリニックには多くのメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。
デメリットの一つ目は、レーザーが黒い色素に集中するために白髪や薄い毛は脱毛できない点です。
また、日焼けをしていると施術できなかったり、シミやあざ、ほくろはやけどをする危険性があります。
レーザー出力が強いために肌への負担が大きめという点も挙げられますが、なんといっても保険適用外なので費用が高くつくことが最大のデメリットでしょう。
脱毛クリニックのメリットとデメリットを把握しておけば自分に合った脱毛方法はどれかがわかるので、脱毛する機関の選択がしやすくなるかと思いますよ。